ギークな外科医のブログ

テック系の話題がメインのブログです。AI/Tesla/EV/Apple/iPhone/Mac/Neural network/vision sensor/LiDAR/milliwave radar/Waymo/Uber/Google.....

ソニー(SONY)の自動車 VISION-SがCES2020@ラスベガスで登場

SONYから、コンセプトモデルですが、自動車が発表されました!!

 

以下、写真や記事の引用は

car.watch.impress.co.jp

からお借りしています。

f:id:techdr:20200108072104j:image

 

Car Wathによると、、

ソニーのイメージング・センシング技術をはじめ、AI(人工知能)や通信、そしてクラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされ進化し続ける。車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するために、ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToF(Time of Flight)センサーなど数種類のセンサーを合計33個配置。また、没入感のある立体的な音場を実現する音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供する。フロントシート前方にはパノラミックスクリーンを搭載し、直観的操作で様々なエンタテインメントコンテンツを楽しめる工夫も施されている。

 ということです、元々CMOSセンサーで世界的なシェアを持っていますので、SONY製のCMOSセンサーを搭載するのは当然ですが、エンターテイメントを重視している様子が伺えますね。ToFセンサーやLiDARは干渉等の問題はクリア出来ているのでしょうか?技術に詳しい方いらしたらコメントください。

 

・これまで認識が困難だったシーンでも、対象物の正確な認識を可能にする、高感度、高精細、広ダイナミックレンジとLEDライトのちらつきの抑制を両立するCMOSイメージセンサー
・長距離かつ高精度な測距技術により立体空間を3Dで正確に把握するソリッドステート式LiDAR(ライダー)。
・さまざまなセンシングデバイスの特長を融合させ、霧・逆光・夜間の雨といった画像認識の厳しい環境下でも早期の正確な物体認識を可能とするセンサーフュージョン
・車内の人や物体の距離情報を検知・認識することで、ジェスチャーコントロールの直感的な操作などを可能とするインフォテインメントシステムを実現し、さらに安全性・快適性を向上させるToFセンシングソリューション。

CMOSセンサーのダイナミックレンジは最近は人間を超え始めており、人間だと眩しくて見えないようなシーンでも、CMOSセンサーには見えていることもあります。

car.watch.impress.co.jp

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

 それにしても下のスタイリング、テスラに似ていませんか??

f:id:techdr:20200108072048j:image

 

横から見たらモデル3・・・?

f:id:techdr:20200108072053j:image

 

BOSCH, Continental, NVIDIA, Qualcomなどから種々の部品供給を受けているようです。恐らく、ドライブトレインなどはソニーには内製出来ないので、ほとんど供給を受けているのでしょう。

スペックですが、200kWモーターを2基搭載して、電気式AWDになっています。

最高速度は149mph(約239.7km/s)とのこと。電池技術は村田製作所に売っちゃったけど、どこから供給されているのかな??

f:id:techdr:20200108072104j:image

 

 

どうやらミラーはデジタルミラーになっています。音場環境などに相当こだわってるみたいです。

また、操作はほとんどがジェスチャーで出来るとか出来ないとか。。笑

f:id:techdr:20200108072123j:image

 

ルーフはガラスルーフです。恐らく、EVは基本的にバッテリーをフロア下に敷き詰めることがおおく、これにより十分な剛性と低重心を得られるので、横転リスクが低く、速報衝撃にも強いためガラスルーフにしやすいのだと思います。

f:id:techdr:20200108072135j:image

 

全体的にとてもテスラに寄せてきているな、という印象です。

ただ、これ、商品化するのはは相当厳しいです。

ダイソンもやろうとして断念してます。

ソニーもどこまで本気か分からないので、あまり期待せず経過を見ていきます。。